「代替医療」の記事一覧

がんの治療法と言えば、良く知られている三大療法(手術療法・薬物療法・放射線療法)があります。
しかし、世界に比べて日本国内では普及が遅れている「代替医療」という方法も存在しています。当サイト「がん代替医療ナビ」では三大療法以外にも代替医療などといったがん治療の選択肢を考えるために情報発信をしていきます。

コロイドヨードの実績と症例

ヨウ素療法 代替医療 健康食品

三大療法と比べ新しいものなので実績や症例がやや少ないですが 今までの回復までの驚くべき実績と症例をご紹介したいと思います。 2004年、海外での臨床の驚異的な結果を持って、WHO(世界保健機構)からHIV・がんなど、あらゆる難病に対し効果が期待できるとして、全世界における臨床許可を頂き、タイ赤十字病院と一体となりタイで臨床検査(治験)を行い、その臨床結果によりHIV・エイズ罹病者への治療改善効果が認められ、アメリカのFDA(Food and Drug Administration 食品医薬品局)に許可申請を行います。 国内では、医師の指導のもと自由診療で難病の治療にコロイドヨードの経口飲用と注・・・

がんの三大療法とヨウ素療法の比較

ヨウ素療法 代替医療 健康食品

日本のがん治療は、主に学会などが取り決めた治療の手術療法、放射線療法、化学療法(抗がん剤)の三大療法になります。 日本ではがんになってしまった方の約85%がこの三大療法を選択しています。 しかし米国では8%、カナダに至っては3%の患者様しか三大療法を選択していないという現実があります。 この理由が物語っているように、実はこの三大療法こそ、人間の細胞自体を壊滅させ、免疫力を低下させ、がんの治療を妨げる原因と言われています。 がんの三大療法とは まず初めに、三大療法について説明したいと思います。 がん治療の手術は早期がんには適しているが… 手術は早期がんに対して非常に有効な治療法です。・・・

がん細胞を直接死滅させるコロイドヨードとは

ヨウ素療法 代替医療 健康食品

日本人の2人に1人はがんを発症し、3人に1人ががんで命を落としています。 さらに、欧米では毎年5%前後がん死亡数が減っているのに、日本では年々増え続けています。 結果、先進国の中でがんの死亡数が増え続けているのは日本のみ。とまで言われている日本の現状があります。 そこで三大療法に比べ、とても新しいものですが、がん細胞に直接的に効果をもたらす「コロイドヨード療法」のご紹介をしたいと思います。 コロイドヨードとは コロイドヨードとは、ヨード(ヨウ素)を主成分とした、代替医療で多く使われている飲料水になります。 人間の体内には細胞の生命力となるエネルギーを作り出す32種類の必須ミネラル・金属元素と、・・・

がん治療における「サプリメント」摂取の考え方

代替医療 健康食品

サプリメントとがん 診断技術の上昇に伴い、がんの早期発見は年々されやすくなったといわれています。しかし、いまだに発見が難しいがんが存在します。発見時にはすでにがんが進行してしまい、多臓器への転移を認めることもあります。 また、治療には強い副作用を起こすことも多く、治療される方は非常に苦しいことも多いかと思います。がん治療はがんの根絶を目標にしていますが、この目標が達成できない場合は症状の緩和、改善やQOLの維持が優先されることもあります。 サプリメントは栄養補助食品や健康補助食品とも呼ばれ、日本では法律的に食品に分類されています。 サプリメントは薬とは違い、栄養素を摂取することで、体内の免疫力・・・

抗がん作用・がん予防に良いとされる食品紹介

代替医療 健康食品

がんの発生のメカニズムと、食品の関係について紹介します。 がんは典型的な生活習慣病のひとつとして知られています。生活習慣の中で、食生活はがんの発症や進行、または抑制に影響するとされています。 では、がんはどのように発症し、どの段階で抑制することができるのでしょうか。 まず、がん発症の流れです。 どの正常細胞の中にあるがんに関連する遺伝子が、なんらかの原因で損傷をおこし、それが活性化・不活性化をおこすことで、正常細胞はがん細胞になってしまいます。 がん細胞とは、抑制のきかない細胞増殖を行う細胞で、無限に増殖することで正常な体の機能を障害するものです。 そうして、がん細胞は発生した場所で増殖し、ま・・・

ハーブやスパイスで発がん予防や健康維持

代替医療 健康食品

ハーブやスパイスなど、日常で何気なく使っている調味料を使って発がんを予防することが出来ることを知っていますか? 世界に数多く存在するハーブやスパイスは発がん予防以外にも人体にメリットを与えており、その1つが健康維持の促進です。 今回の記事では、ハーブやスパイスがどのように作用しどんなメリットを得ることが出来るのか紹介したいと思います。 ハーブによって得られる効果 膨大な数のハーブの種類の中から、発がん予防をすることが出来るハーブを紹介したいと思います。 これらを普段の食生活の中に取り入れることで、将来のがん予防に繋がり自分や家族のがん予防をすることが出来ます。 抗がん作用のあるハーブ ワサビ ・・・

がん予防として運動の効果とは

代替医療 運動療法

あなたは将来がんになる事を想定して何か行動をしていますか? 発がんを防ぐための行動を、発症する前に行っておくことで健康体でいられる可能性が非常に高くなります。 今回は運動によって得られるがん予防効果と、お勧めの運動法について紹介したいと思います。 普段から運動不足が続いているという人は、癌を予防するためにもこの記事を見たことを良い機会だと思って運動を始めてみませんか? がん予防のための運動 学生の頃は良く運動をしていたけれど、社会人になってからは仕事が忙しくてあまり運動をする機会がないという人は現在かなりいると思います。 運動不足が続いてしまうと、足腰を始めとする体の筋肉がどんどん衰えてしまい・・・

鍼灸治療とはどのような治療法?安全性は?

代替医療 鍼灸・マッサージ

手術療法、放射線療法、化学療法(薬物療法)。 これら3つはがん治療の3大化学療法と言われており、癌をせん滅する目的で使われている為がん細胞を物理的に破壊、除去するといった攻撃的な治療になっています。 今回紹介する鍼灸治療は3大化学療法のようにがん細胞を直接除去する治療法ではなく、体力を増加させることでがん治療のサポートをすることが出来る治療法です。 体力が失われがちながん治療を成功させるために鍼灸治療を行う人が増えており、これからのがん治療にも大きく貢献する治療法なので、今回は鍼灸治療について細かく紹介したいと思います。 鍼灸治療とは 鍼灸治療とは、身体の至る所にあるツボにステンレス製の細い鍼・・・

がん治療中・治療後の適切な運動について解説

代替医療 運動療法

がんの治療中には抗がん剤による成果への期待に意識が向いてしまい、人間が生きるために必要な運動量が不足してしまいがちです。 安静にしておくべきという意見もありますが、がんは体が不健康になることによって発生しやすくなります。 ベッドの上でも生きるために必要な筋肉を維持するための運動法や治療後の実践すべき適切な運動について紹介したいと思います。 がん治療中の運動 がんを治療中の患者さんでも、スポーツなどの運動をすることは可能です。 ベッドの上で長期間過ごしていると、生活の中の刺激が減ってしまい生きる気力が減ってしまい精神的にも健康ではなくなってしまいます。 ハードな運動でなくとも軽い運動を続けること・・・

がん治療と代替医療としてのマッサージの関係性

代替医療 鍼灸・マッサージ

あなたはがん治療にはどれだけの種類があると思いますか? 主に知られているのは、手術療法,薬物(科学)療法.放射線療法の3つだと思いますが、これら以外にもがんを治療、予防するための方法があります。 疲れたときに何気なくやっているマッサージもがん予防やがんの進行を遅延させることに効果的だと言われています。 今回はどんなマッサージでがんを予防することが出来るのか、どんな効果を得ることが出来るのかなどマッサージ療法について徹底的に紹介したいと思います。 マッサージ療法とは? マッサージ療法とは体の疲労回復を目的としているマッサージによってがんを予防、進行遅延させる治療法を表します。 有名ながん予防のマ・・・

がんとうつ病の関係、心のケア方法について

代替医療 心理療法

がんの告知を受けて、あるいはがんの経過中に気分が落ち込んでしまうことは珍しいことではありません。がんの患者さんは15~25%にうつ病を発症するといわれています。今回は、がんとうつ病の関係と心のケア方法について、詳しくご紹介していきます。   最初はだれもが不安 通常、がんを知らされた患者さんは、衝撃段階、不安定段階、適応段階という3段階の心理の変化を経験します。 衝撃段階 告知後はショックで頭が真っ白になり、「もう終わりだ」「自分はがんで死ぬ」という絶望感に襲われます。その後、「まさか自分ががんのはずがない」「検査結果に間違いわないのか」と認めたくない気持ちが強くなります。「嘘をつく・・・

がん治療におけるメンタルケアの重要性

代替医療 心理療法

がん治療において、治療方針を選ぶのも、その治療の継続を決めるのも患者さん次第です。患者さんが諦めてしまえば、それを強制する力は医療者にも家族にもありません。このため、がん治療ではメンタルケアが重要となります。今回は、患者さんの心理変化と、意思を持ち続けるための方法、家族にできることに焦点を当てて、意思を持ち続けるために必要となるものをご紹介していきます。   治療に後ろ向きになるのは仕方ないこと 抗がん剤を用いる化学療法は、一部のがんを除いて完治させることは難しく、治療の目的としてはがんの大きさの縮小や延命、症状緩和を目指すことになります。完治は見込めない、効果も期間も試してみなけれ・・・

がんの心理療法(サイモントン療法)の治療内容とは

代替医療 心理療法

サイモントン療法というがんの心理療法について耳にしたことはあるでしょうか。がんと心との密接な関係は、時に薬物療法をも超えることがあるのです。今回は、サイモントン療法について、心と身体の仕組みに触れながら、詳しくご紹介していきます。   サイモントン療法とは 最新の研究では、がんの治癒が心の在り方と深く関わっていることが分かってきました。 サイモントン療法は心理療法1つで、病気を治すという信念を持って、身体からがん細胞を消失させるイメージを強く持つという「イメージ法」です。 つらい闘病生活の中でも、患者さん自身が生きる意味を見い出すようになると、それまで治療の足枷となっていた抑うつ状態・・・

がんの進行を抑えるホルモン療法(内分泌療法)とはどのような治療か

代替医療

がんに対する薬物療法は、主に細胞毒性抗がん剤(殺細胞性抗がん剤)と分子標的薬の2種類に大別されます。これに加え、一部のがんではホルモンを含んだ内服薬や注射薬を使用するホルモン療法(内分泌療法)が行われるものもあります。今回は内分泌療法について、適応となるがんとその詳細をご紹介していきます。 ホルモン療法とは ホルモン療法は、特定のホルモンの産生や働きを抑制したり、あるいは逆に刺激することによってがん細胞の増殖を抑える治療法です。 がんの中には、体内で産生されるホルモンを利用して発達するものがあります。これをホルモン依存性と表現します。この性格を利用して、そのホルモンを分泌している組織を外科的に・・・

ページの先頭へ