「運動療法」の記事一覧

治療中もしくは治療後の運動については主に体力の回復促進や健康維持、うつのケアなどを目的に行われます。またはっきりとした根拠はないもののがんの転移や再発を防ぐとされる考え方もあります。また、予防としての運動については、がんに限らず様々な病気の予防、健康維持につながることは言うまでも無いでしょう。

がん予防として運動の効果とは

代替医療 運動療法

あなたは将来がんになる事を想定して何か行動をしていますか? 発がんを防ぐための行動を、発症する前に行っておくことで健康体でいられる可能性が非常に高くなります。 今回は運動によって得られるがん予防効果と、お勧めの運動法について紹介したいと思います。 普段から運動不足が続いているという人は、癌を予防するためにもこの記事を見たことを良い機会だと思って運動を始めてみませんか? がん予防のための運動 学生の頃は良く運動をしていたけれど、社会人になってからは仕事が忙しくてあまり運動をする機会がないという人は現在かなりいると思います。 運動不足が続いてしまうと、足腰を始めとする体の筋肉がどんどん衰えてしまい・・・

がん治療中・治療後の適切な運動について解説

代替医療 運動療法

がんの治療中には抗がん剤による成果への期待に意識が向いてしまい、人間が生きるために必要な運動量が不足してしまいがちです。 安静にしておくべきという意見もありますが、がんは体が不健康になることによって発生しやすくなります。 ベッドの上でも生きるために必要な筋肉を維持するための運動法や治療後の実践すべき適切な運動について紹介したいと思います。 がん治療中の運動 がんを治療中の患者さんでも、スポーツなどの運動をすることは可能です。 ベッドの上で長期間過ごしていると、生活の中の刺激が減ってしまい生きる気力が減ってしまい精神的にも健康ではなくなってしまいます。 ハードな運動でなくとも軽い運動を続けること・・・

ページの先頭へ