抗がん剤について、皆さんはどのようなイメージを持っていますか?副作用が多い、つらい、治らない、他にも色々な考えが浮かぶのではないでしょうか。今回は、抗がん剤を用いる薬物療法について知っておきたい基礎知識をテーマとして、正確な情報を分かりやすくご紹介していきます。

がんの三大治療

がんに治療は、手術療法、放射線療法、そして抗がん剤を用いる化学療法の3種類に分かれています。このうち手術療法と放射線療法は局所療法、化学療法は全身療法に分類されます。

手術療法はがんそのもの、あるいはその周辺の組織を一緒に取り除く治療法であり、放射線療法はがんに放射線を照射することで、身体を切らずにがんを攻撃する治療法です。いずれもがんを明確に捕らえ、狙いを定めた上で治療を行います。

一方、化学療法は一ヶ所に集中して作用するものではなく、全身に抗がん剤を行き渡らせることで身体の広い範囲に抗がん作用をもたらす治療法です。
ここまでの説明で「それならば薬物療法はいらない、手術と放射線で治せばいいのではないか」と感じた方も多いかと思います。それではなぜ、薬物療法というものがあるのでしょうか。

がんに対する抗がん剤の役割

手術療法や放射線療法は、早期であれば非常に有効な治療法です。しかし、がんは進行するにつれ、全身の臓器へと転移していきます。転移の仕方はがんの特徴によっても異なりますが、隣接する臓器へとじわじわと広がっていくものもあれば、血液やリンパ液の流れに乗って全身の至るところへと転移するものもあります。

転移の速度が遅いものであれば、手術療法や放射線療法を行う際に標的のがんからやや広めに組織の切除、あるいは照射を行うことでカバーできることもありますが、全く離れた臓器まで遠隔転移してしまった場合には、局所療法では歯が立ちません。このため、ある程度進行したがんに対しては薬物療法の舞台となるのです。

この他、白血病や悪性リンパ腫などの血液のがんの場合は、もともと一ヶ所に留まらずに全身をめぐる特徴があるため、化学療法が第一選択となります。

抗がん剤の危険性

抗がん剤は、普段服用するような薬と比べると安全域が狭いという特徴があります。安全域とは効果が得られる用量と重篤な副作用が生じる用量との差を指す言葉です。一般的な薬剤であれば、例えば1日3回、1回1錠の薬を誤って1回で3錠服薬してしまっても、命に関わるようなことはほとんどありません。

しかし、抗がん剤の場合は服薬量に比例して主作用・副作用が増強するため、誤って倍量を服薬してしまうと、重大な副作用が生じる恐れがあります。

加えて、抗がん剤は決められて用量を守っていても、体調や年齢、貧血、臓器障害などの影響を受けて効果が強く出てしまうこともあり、安全域を維持するのがとても難しい薬剤です。

多剤併用療法

化学療法では、複数の抗がん剤を組み合わせて治療を行う「多剤併用療法」が一般的です。多剤併用療法の基本は、単剤でも有効な薬物であること、作用機序が異なること、併用によって相乗・相加効果が期待できること、副作用が異なることなどが挙げられます。

細胞の増殖には細胞周期といってG1期(DNA合成準備期)、S期(DNA合成期) 、G2期(細胞分裂準備期)、M期(細胞分裂期)の4つの段階を経ます。抗がん剤はその種類によって効き目のある段階が異なるため、それらを組み合わせることで確実にがん細胞を殺すことを目指していきます。

また、がん細胞には特定の薬物に対して耐性をもつことがありますが、これも複数の抗がん剤を組み合わせて使用することで、効かないという事態を防ぐことができます。

化学療法は副作用を理由に継続が難しくなることもあります。しかし、単剤ではなく副作用の異なる2剤を用いることで、新たな副作用が生じる可能性はありますが、1つ1つの副作用は軽度に留めることも可能になります。

多剤併用療法については多くの調査が行われており、現在では主作用・副作用のバランスが最も適切になるのは、2~4剤の併用であると報告されています。

抗がん剤が「効く」ということ

化学療法は、局所療法では根治できない、あるいは進行しているために局所療法の適応にならないがんに対して行われます。その目的は根治から延命、局所療法の補助などさまざまです。

薬剤が「効く」というと、一般的には「病気が治る」ことを意味します。しかし、抗がん剤の場合は「効く」ということと「完治する」ことはイコールではありません。一部のがんは抗がん剤のみの治療でも著しい効果が期待できますが、がんの多くは薬物療法のみで完治を目指すことは難しいとされています。

抗がん剤が効くということは、がんが完全に治癒することだけでなく、がんの大きさが縮小する、再発や転移のリスクが下がる、良好な身体状態を維持しながら延命できる、がんによる症状を和らげることができるなどの要素が含まれていることを理解しておきましょう。

抗がん剤による効果を期待できるがんとその割合については下記を参考にしてください。
(※奏功:がんの縮小効果)

治癒可能
奏効率80%以上と報告されているがんには、白血病や悪性リンパ腫、胚細胞腫瘍、消化管間質腫瘍などがあります。
治癒は難しいが効果は期待できる
奏効率50~80%と報告されているがんには、乳がんや卵巣がん、頭頸部がん、食道がん、小細胞性肺がんなどがあります。
生存期間の延長は可能
奏効率30~50%と報告されているがんには、胃がんや大腸がん、非小細胞性肺がん、悪性胸膜中皮腫などがあります。
効果が現れにくい
奏効率30%以下と報告されているがんには、膵がんや胆道がん、腎がん、悪性黒色腫などがあります。

抗がん剤の適応と治療の目的

根治を目的とした化学療法

急性骨髄性白血病や慢性骨髄性白血病、小児の急性リンパ性白血病、悪性リンパ腫、ホジキンリンパ腫などの血液系のがん、あるいは胚細胞腫などの細胞分裂が活発ながんでは、抗がん剤に対して強い感受性を示すため、化学療法でも根治が可能ながんとして知られています。

これらのがんに対してはすべてのがん細胞を殺すことを目的とするため、副作用を覚悟の上で、通常量の5倍以上の抗がん剤を用いる超大量化学療法が行われます。

延命を目的とした化学療法

根治が期待できる局所療法に比べて、多くの化学療法ではそこまでの効果が得られないことも珍しくありません。この場合、治療の目的としては生存期間の延長や、症状のない例では症状出現の遅延、症状がある例ではその緩和などを目指すことになります。根治を目的とした化学療法と比べると、その投与量はやや控えめになり、副作用による苦痛と期待できる延命効果を天秤にかけて治療内容を選択していくことになります。

ここで、根治できないことに絶望してはいけません。

治療を受けなければ徐々に生活の質が下がり、準備をする前に死を迎えてしまうような状態であっても、延命治療を受けることで今までの生活を維持しながら、半年から数年、あるいはそれ以上の生存が可能になることもあります。

そして、その間に新しい治療薬が開発されれば、さらなる延命を果たすことも不可能ではありません。希望を捨てずに、ご自身がどういう目的をもって治療に取り組みたいのか、時間をかけてじっくり考えてみてください。

手術成績の向上を目的とした化学療法

がんの中でも再発のリスクが高い場合には、手術療法や放射線療法の補助として薬物療法が行われることもあります。

がんの浸潤は目に見えないレベルで行われるため、目で見て明らかにがんと分かる部分を切除したとしても、ごく微量のがん細胞が残って、それをもとに再発・転移してしまうことがあります。これを予防するため、術後に化学療法を加えることでがん細胞の根絶を期待する方法を「術後補助化学療法」と呼びます。

術後補助化学療法の効果が証明されているがんには、乳がんや大腸がん、卵巣がん、非小細胞性肺がん、胃がん、横紋筋肉腫、Ewing肉腫などがあります。

手術侵襲の軽減を目的とした化学療法

ステージの進行により手術適応外となったがんに対してダウンステージングを目指したり、がんの大きさを出来る限り縮小させることを目的に、術前にも補助的に化学療法を行うことがあります。がんが大きければその分手術も困難なものになり、合併症のリスクも高くなるため、あらかじめがんを縮小させておくことで、手術によって生じる患者さんの苦痛を軽減させる効果が得られます。

術前化学療法の効果が認められているがんには、乳がんや喉頭がん、食道がん、骨肉腫などがあります。

特に乳がんでは、がんの大きさのために乳房温存が難しい場合であっても、術前化学療法によってがんが縮小すれば、より整容性に優れる成績を残せるため、積極的に行う施設が増えてきています。

まとめ

がんの治療法にはいくつか種類がありますが、抗がん剤を用いた化学療法では、他の治療法ではできないような治療を担っています。薬物療法を理解するためには、まず抗がん剤について正しい知識を持つことが重要です。

そして、化学療法を始める際には、ご自身がどういう目的をもって、今後どういった生活を送りたいのかをじっくり考慮した上で、主治医と相談しながら治療法を決定していくことが大切です。

補完代替医療という選択肢を

がん治療における身体症状・精神症状の負担を減らしたり、再発防止やがん予防に。
普段の健康維持にも参考になるコンテンツがあります。

がんの代替医療の記事を見る