「抗がん剤の副作用」の記事一覧

医師が抗がん剤を否定する理由

抗がん剤 抗がん剤の副作用

厚生労働省もがんに関係する学会も、がんの治療における抗がん剤の使用を推奨しています。抗がん剤の投与を受けたことでがんが小さくなったりなくなったりして、一命を取り留めた方も存在します。 しかし、日本の医師免許を持つ、がん治療の権威といわれる医師が、抗がん剤を使ったがん治療を明確に否定しています。 その医師の「抗がん剤を使わないほうがよい理由」を紹介します。 そもそも抗がん剤とはどのような薬なのか 抗がん剤を否定する説を紹介する前に、そもそも抗がん剤とはどのような薬なのかについて見てみましょう。 当初3,500万円もしたオプジーボ 最近話題になった抗がん剤といえば、小野薬品工業が2014年に販売し・・・

抗がん剤の副作用への対応方法について

抗がん剤 抗がん剤の副作用

抗がん剤の副作用については「抗がん剤の副作用が出る時期と症状について」の章でご紹介しました。 副作用による生じうる症状は非常に幅広く、多岐にわたる症状に驚いた方もいるのではないでしょうか。今回は、抗がん剤でみられる一般的な副作用について、患者さん自身、あるいは周囲の方が協力できるような対応方法をご紹介していきます。 吐き気・嘔吐 抗がん剤による治療を行う場合、通常は吐き気を抑える制吐薬を併用します。 制吐薬も日々開発が進められており、以前と比べると吐き気・嘔吐に対してはかなりの効果が認められるようになりました。 しかし、それでも多少の吐き気・嘔吐は生じる可能性があります。 吐き気があるときは、・・・

抗がん剤の副作用が出る時期と症状について

抗がん剤 抗がん剤の副作用

抗がん剤の副作用にはどのようなものが思い浮かぶでしょうか。最もイメージされやすいのは脱毛かもしれません。 しかし、抗がん剤では見た目の変化だけでなく、身体の至るところに影響が及び、非常に多彩な副作用を示します。 ここでは、抗がん剤に広くみられる副作用の症状とそれらの症状が出現する時期について、詳しくご紹介していきます。 投与日 吐き気・嘔吐 抗がん剤の副作用として最も広くみられる症状です。 抗がん剤が脳の神経に作用し、直接嘔吐中枢を刺激することで引き起こされる、あるいは小腸から分泌されるセロトニン量が増えることで間接的に嘔吐中枢を刺激すると考えられています。患者さんが最も苦痛に感じる症状の1つ・・・

ページの先頭へ