「がんに備える」の記事一覧

三大医療・先進医療・コロイドヨード療法のがん治療費の目安

コロイドヨード 代替医療 がんに備える がん治療費用

コロイドヨード療法の費用は自由診療で保険が適用されないため、どれだけ費用が掛かるかが心配というのも当然です。 がんになったら治療費だけでなく、治療のために働けなくなった場合の生活費や何かと余分な出費がかさみます。 そこで今回は、主ながん治療とコロイドヨード療法の費用がいくらかかるのかを、わかりやすくお伝えしたいと思います。 3大療法の費用 がんの種類 平均入院日数 入院費用(1日) 入院費用(窓口総支払額) 胃がん 19.3日 約14,400円 約278,000円 肝臓がん 18.8日 約14,880円 約280,000円 結腸がん 16.6日 約15,610円 約259,000円 直腸がん ・・・

抗がん剤(薬物療法)の費用とその内容

抗がん剤 がんに備える がん治療費用

がんに対する治療として薬物療法が適応になるのは、手術ができないような進行がんに対する化学療法、あるいは術後の再発や転移を予防するための術後化学療法などが主な理由となります。 薬物療法の費用は、がんの種類や病状、治療内容によって変わるため、明確な金額を提示するのは難しいものです。今回は、その目安として少しでも具体的な費用が提示できるよう、いくつかのがんとその薬物療法にかかる費用について、詳しくご紹介していきます。   はじめに 今回、費用の例として、がんを理由に亡くなる方が多い「五大がん」に含まれる胃がん、大腸がん、肺がん、肝がん、乳がんに対する化学療法を取り上げていきます。 化学療法・・・

がん治療に必要な費用はどれくらい?

がんに備える がん治療費用

「数十万円もする抗がん剤がある」というお話を耳にしたことのある方もいらっしゃるかもしれません。 がん治療の医療費は高額になることが多く、不安の声も大変多く聞かれます。 しかし、実際に患者さんが払う薬代は約8万円です。一体どんな仕組みがあるのでしょうか?今回は、がん治療に必要な費用とそれに伴う制度について、分かりやすくご紹介していきます。 保険診療と自己負担 保険診療 まず、治療に関わる費用は、健康保険や国民保険などの公的医療保険によって一部をまかなえるものと、患者さんが全額負担するものに分けられます。 保険診療に含まれるのは、初再診料、入院料、検査料、投薬注射料、手術料など直接治療に関わるもの・・・

ページの先頭へ